皮下脂肪と内臓脂肪、体脂肪率との関係性について

生活習慣病の予防のためにも、見た目のためにも、
体重を管理していくことは大切です。

そして、現在では、体重管理に加えて、体脂肪率などを
気にする方も増えていると思います。

最近よく聞く体脂肪率、一体どんなものなんでしょうか?

皮下脂肪や内臓脂肪と、どう関係しているのでしょうか?

■皮下脂肪と内臓脂肪、体脂肪率の関係

□体脂肪率って?

最近の体重計では、体脂肪率まで計測できるものが
多くなっていると思います。

体脂肪率とは、体重の内で、体脂肪(内臓脂肪+皮下脂肪)
の重量が、全体のどのくらいの比率を占めるのか?
を表す数字のことなんです。

体脂肪率が高いと、健康に悪いと単純に考えられる方も
多いでしょう。

でも、皮下脂肪と内臓脂肪 減らす 薬の体脂肪は、体内にエネルギー源を
蓄えたり、体温を維持したりと、重要な役割を果たすもの
ですから、適量は必要なんです。

□体脂肪率だけが全てではない

体重や体脂肪率は、体の健康度合いを示す目安にはなりますが、
それだけが健康にとって重要なことではないんです。

生活習慣病に大きな影響を与えると言われているのは、
内臓脂肪レベルなんです。

体脂肪率とは、先に説明した通り、体重の内で、体脂肪が占める
割合なんですが、その体脂肪の中でも、内臓脂肪がどのくらい
の割合を占めるか?が健康と深く関係しているんです。

皮膚のすぐ下につく皮下脂肪は、たくさんついていても、
そこまで健康に悪影響はないと言われているからです。

でも、内臓に悪影響を及ぼす内臓脂肪は、増え過ぎると
生活習慣病に直結するのです。

なので、体脂肪率が異常に高いという方でなくても、
内臓脂肪レベルが高い方は、内臓脂肪だけを落とすように
努力する必要があるということです。

■要約

体脂肪率とは、皮下脂肪と内臓脂肪を合計した体脂肪が、
体重の内で占める比率を示す数値です。

体脂肪率を気にすることも重要なんですが、それだけでは、
皮下脂肪と内臓脂肪、どちらの割合が多いのか、
正確には分かりません。

どちらの脂肪が多くついているのか?によって、健康状態や
減らし方も違ってくるので、どちらが多いのか知るために、
内臓脂肪レベルを測ってみるのをお勧めします。

セルフチェックとしては、ウエストとヒップのサイズ比率を
出してみれば、内臓脂肪が多いタイプなのか?知ることも
できます。

体脂肪率だけではなく、内臓脂肪が多すぎないか?にも
気をつけて、健康管理に努めましょう。